亜鉛が薄毛対策に効果的な2つの理由と効率的な摂取方法

亜鉛は薄毛対策に効果的です 薄毛対策情報

当ページでは、薄毛に効果的な成分の一つ亜鉛について解説します。

頭頂部薄くなってきた、生え際が後退してきている。

など、年齢を重ねるとともに気になる薄毛。

薄毛を放っておいたら治った!という話はあまり聞きません。

薄毛が気になりだしたら、早めに対策して、以前のような豊かな毛量を取り戻したいものです。

市販の育毛シャンプーや、育毛剤を使って、あまり効果が実感できない場合は、栄養面を見直してはいかがでしょうか?

亜鉛が薄毛対策に効果的な理由は?

亜鉛がなぜ薄毛に効果的なのでしょうか?

亜鉛はケラチン合成に必要な成分

そもそも髪の毛が、何でできているかというと、「ケラチン」というタンパク質です。

ケラチンは、何種類かのアミノ酸が結合してできるのですが、この結合を手伝ってくれる成分が亜鉛。

つまり亜鉛が足りないと、ケラチンがうまく働かず、薄毛や抜け毛の原因になってしまうのです。

5αリダクターゼの分泌を抑制してくれる

AGA(男性型脱毛症)の原因は、「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンの影響によるものだと言われています。

ジヒドロテストステロン……。

なんだか舌を噛みそうな難しい名前ですね。

なので、以下、DHTとしますね。

DHTが過剰に分泌されると、脱毛因子が増え、薄毛の原因に。

このDHTは、

  • 「5αリダクターゼ」→頭皮に存在する酵素
  • 「テストステロン」→男性ホルモン

が結びついてできます。

亜鉛には、DHTの元となる「5αリダクターゼ」を抑制する働きがあると言われています。

 

簡単に言うと、亜鉛には、髪の元となるケラチンを作る助けをし、薄毛の元になる酵素を抑制してくれる効果があるということです。

ちなみに、亜鉛が不足すると、男性機能の低下にもつながります。

薄毛、男性機能の低下、どちらのお悩みにも亜鉛は大切な栄養素と言えますね。

 

亜鉛の効率的な摂取法は?

亜鉛が、薄毛対策に効果的なことはわかりました。

では、1日どのくらい摂取すればよいのでしょう。

男性の亜鉛摂取量の1日あたりの推奨量は次の通り。

年齢 推奨量(mg/日) 耐用上限量(mg/日)
18歳~29歳 10 40
30歳~49歳 10 45
50歳~69歳 10 45
70歳以上 9 40

(日本人の食事摂取基準2015年度版より引用)

亜鉛を多く含む食品として代表的な牡蠣なら2個(約40g)で5.3mg、豚レバーなら80gで5.5mg、牛もも肉(赤身)なら90gで4.6mg、玄米ご飯1膳(150g)で1.2g……。

(参考:栄養素の通になる第2版)

特に中高年になると、やる気が低下したり、疲れやすくなったり。

薄毛対策以外の面でも、亜鉛は必要量摂りたいものです。

年齢を重ねても、若々しくありたい方は、髪のためにも、お肌のためにも、亜鉛サプリメントが効率的です。

毎日の食事の中で、気をつけていれば摂取できる量かと思いますが、ベジタリアンの方、加工食品を食べる機会が多い方など、亜鉛が取りづらい方もいらっしゃるでしょう。

亜鉛不足を効率的に防ぎたいなら、亜鉛サプリメントを摂るのもよいでしょう。

>>あのスッポンの約8倍!?話題の牡蠣サプリ